AGAはテストステロンが原因?セルフチェックで自分の頭皮を確認しよう

抜け毛、薄毛の原因を知ろう

AGAは薄毛の中でも特殊であり、放置しておくと急激に進行していきます。

遺伝性の薄毛であり、テストステロンという男性ホルモンが大きく関係してきます。

女性の薄毛よりも圧倒的に進行スピードが早く、若くして発症する男性は少なくありません。

両親が薄毛だと発症しやすく、体質が大きく関係していると言えます。

特にオイリー肌、ムダ毛が濃い方などは髪が薄くなりやすいと言えます。

20代~30代の比較的若いころから髪が少ないと感じたら、その可能性を疑ってみましょう。

急に抜け毛が増えてきた場合も注意が必要であり、放置しないようにしてください。

AGAの種類と進行の仕方とは

額の生え際はAGAが発症しやすい部位で、少しずつ後退していきます。

おでこが広がっていると感じたら、シャンプーの見直し、育毛剤の使用などが必要でしょう。

頭頂部にも発生しやすいですが、ここは自覚しにくい部位です。

鏡で確認するのが難しいため、手で触れてチェックするのが得策でしょう。

前頭部は最もわかりやすく、髪全体の密度が減少してきたら注意です。

これらの部位に複合発生する場合は、進行しやすいので注意してください。

まずは医療機関で検査を受けて、それに応じた対策をしましょう。

AGAならば医療機関で治療するのが最も確実な解決法です。

AGAのセルフチェックをやってみよう

AGAは通常の薄毛より進行しやすく、例えば20代なのに頭髪は40代という状況ならその可能性が大です。

放置しておくと急激に進行してしまうので、すぐに医療機関で検査を受けましょう。

自覚症状として多いのは、ボリュームの減退、抜け毛の増加などです。

ほかにも生え際が後退する方も注意が必要であり、定期的に兄弟や友人にチェック・指摘してもらうのもよいでしょう。

親族にAGAの人がいると自分も発症しやすいので、セルフチェック法を覚えておく必要があります。

髪が少し減ったと感じた場合、その考えはほぼ当たっていると考えてよいです。

AGAではない抜け毛・薄毛もある

抜け毛・薄毛の中にもAGAではないタイプがあり、素人の方が完璧に見分けるのは困難です。

脂漏性皮膚炎は皮脂の過剰分泌が原因となり、正しく洗髪ができていないことも関係しています。

自分ではしっかりと洗っているつもりでも、毛穴内部に皮脂が蓄積していることは多いです。

定期的にクレンジングオイルを使用して毛穴内部から綺麗にしていきましょう。

円形脱毛症は心因性の薄毛と言われており、大きなストレスを感じるとリスクとなります。

仕事のストレスが最大の原因と言われており、日常的な対策としてはストレス解消が最も効果的です。

医療機関で改善する場合は、精神安定剤や睡眠導入剤の処方を受ける場合があります。