自宅でも薄毛対策は可能。生活習慣を改善しよう

まずはシャンプーから見直そう

薄毛は必ずしも専門医やクリニックに相談しなければならないわけではなく、自宅で毎日使用するシャンプーを変更するだけでも改善が見られるようになります。

つい皮脂が蓄積し過ぎていることが悪影響を及ぼすと思い込んでしまうので、洗浄力が強い物を選んでしまいがちになりますが、実際は優しい使い心地で刺激が少ないものがベストです。

当然成分にも目を向ける必要性があり、アミノ酸などが豊富に含有されているスカルプタイプはより良い選択です。

直接頭皮につけ始めるのではなく、手でしっかりと泡立ててから隅々まで指の腹で洗っていきます。

育毛剤と頭皮マッサージで血行促進

適切なシャンプーで頭を洗い終えたら、次はしっかりとタオルで拭き取り程よくドライヤーで乾かした後に育毛剤を用いてマッサージを行っていきます。

今日では色々な製品が販売されていて様々なセールスポイントが記載されているのですが、特定の有効成分が配合されていなければ全く意味がありません。

重要なのはミノキシジルであり、頭皮に張り巡らされている血行が高まるので栄養素が十分に毛根に行き届くようになりますし、毛母細胞自体を活性化させられるようになります。

そのため、次第に生えてくる毛の太さが太くなり、少しのダメージでも抜けない頼もしさを覚えます。

サプリメントも人によっては効果的

人体の髪の毛を生み出すためにはケラチンと呼ばれるタンパク質が必要になるのですが、成人男性の一般的な食事量では慢性的に不足しやすいです。

仮に十分に補給できたとしても、毎日同じメニューでは飽きてしまいますし、他の栄養バランスが乱れてしまうようになります。

そこで、安定的に補給し続けるためにはサプリメントが頼りになり、いつでもどこでも水さえ準備できれば飲み込めるのが重宝します。

発毛はどれほど効果的なやり方でも継続しなければ良好にはならないので、補助食品を上手に活用して強い頭髪を作っていくことが大切です。

生活習慣の改善で抜け毛を防ごう

髪の毛は頭部にある血管に生み出すための成分が毛母細胞まで運搬されて次々と成長していくので、血管が通常時よりも細くなってしまうと正しく供給できなくなってしまうのです。

そのため、収縮作用があるタバコや飲酒は抜け毛を止めたいのならタブーという事になりますし、睡眠不足の状態も血液量が不足してしまいます。

また、ストレスを抱え込んでいる状態は常に身体が緊張状態になっているので、同じく新たに頭髪を生み出すという観点では不適切ですし、心理的な負担によって食事が喉を通らなくなるとタンパク質が不足し尚更悪影響になります。