AGAの症状別の特徴を把握しよう。治療の効果にも違いはある?

AGA治療は症状によって効き方に違いがある

AGAには症状によっていくつかのタイプに分けることができます。

生え際(M字)型は、おでこの生え際のサイドから進行していき、ホルモンの影響を強く受けます。

比較的よく見られる症状で、悩む人も多いです。

頭頂部型は、頭頂部がO字型のように薄毛が進行していきます。

血行不良による髪の毛の栄養が不足していると起こりやすいです。

前頭部型は、おでこが全体的に後退していきます。

M型はサイドだけですが、こちらは全体的に薄毛になるという点が異なります。

ストレスや生活習慣の影響が強く、治療効果が比較的早く感じるという特徴があります。

AGA治療の効果が出始めるまでの期間

AGAの治療は、受ければすぐに髪の毛が生えてくるというわけではありません。

薬や育毛剤を使うことで、ヘアサイクルと呼ばれる、髪の毛の生え変わりがうまくいくようにしていくので、効果が出るまでには数カ月という期間が必要です。

効果を感じるまでには個人差がありますが、最低でも3ヶ月、長い人ですと半年ほど継続する必要があります。

そのため、1カ月ほど薬を飲んだけれども、効果がないからと治療をやめてしまうのは、非常にもったいないことです。

治療を受ける際は、すぐに効果が出ないため、気長に受ける心の余裕が必要です。

効果はどれくらい持続するのか

AGAの治療の効果を感じられると、どれくらい持続するのかということが気になります。

AGA治療では、薄毛を促進する酵素を阻害することで、髪の毛の本来の成長を促進して、髪の毛全体のボリュームを出していきます。

ヘアサイクルは1つの周期が数カ月おきと長く、飲んでもすぐに効果を感じられませんが、継続することで、効果を持続させることは可能です。

薄毛の進行度合いにより、効果の感じ方は人それぞれですが、継続することでほとんどの人が改善できたという感想を持つようになります。

持続期間にも個人差がありますが、薬の服用を完全にやめてしまうとまた抜け毛が進行します。

薄毛治療を止めるとどうなる?

AGAの治療によって、髪の毛が増えてきたら、治療を中止してもいいのでしょうか。

しかし、治療を中止すると、ホルモンの状態などは元の状態に戻ってしまうために、髪の毛も抜け落ちてしまうということが多くなります。

治療を辞めたらすぐに髪の毛が抜けるというわけではなく、今まで治療によって成長期だった髪の毛が、辞めることで後退期に入り、抜け落ちてしまうということです。

ヘアサイクルの乱れた状態に戻ってしまうので、まだ成長途中の髪の毛がどんどん抜けてしまい、治療を開始する前の髪の毛の状態に戻って行ってしまいます。