薄毛治療の前にメリット・デメリットを把握しておこう

AGA治療を受けるメリットとは

髪の毛は一定の周期で成長していき、その後自然に抜け落ちていきます。

この発毛サイクルは大体3~7年かけて一巡します。

このサイクルは髪の毛の元となる細胞が分裂を繰り返し新しい毛が生まれ育っていく成長期、髪の毛の成長が弱くなり止まり出す退行期、そして髪の毛が抜けていく休止期があります。

正常な場合は髪の毛がしっかりと成長していきますが、成長期が短いと髪の毛が太く育つ前に細い状態で抜けてしまいます。

治療をする事でこうした成長途中の抜け毛を減らし、発毛サイクルを正しい方向に戻す事が出来るというのがAGA治療の大きなメリットです。

AGA治療のデメリットとは

AGA治療にはデメリットもあります。

まずはこの治療には保険が一切適用されない為、治療費が高くかかってしまうという事です。

また治療薬を服用する事で様々な副作用が起こる可能性があるというのも大きなデメリットです。

例えば治療薬を服用してから最初の1ヶ月では初期脱毛が起こり、一時的に髪の毛が抜けてしまういう心配があります。

性欲減退により勃起不全障害や肝機能障害になる可能性もありますし、他にも髪の毛だけでなくひげや体毛、眉毛といった全身の毛が濃くなってしまう多毛症にもなる場合があります。

どんな人が治療に向いているのか

どういう人がAGA治療をするのに向いているのかというと、これから恋愛をして結婚をしたいと考えている薄毛の20代や30代の若い世代です。

いくら独身でモテたいと頑張っても薄毛というだけで女性から相手にしてもらえない場合もあります。

内面がいくら魅力的でもまだ20代や30代なのに薄毛だと恋愛対象にはならないという女性もいます。

また40代以降だと薄毛の人も多いのでそれほど目立ちませんが20代で頭髪が薄いとただそれだけで目立ってしまいます。

こういう理由から特に20代や30代の男性が特に治療には向いています。

AGA治療を始めるべきタイミングとは

治療を始めるタイミングはひとそれぞれです。

髪の毛が少し細くなってきたと感じてから始める人もいれば、かなり髪の毛が抜けてしまい薄毛になってから始める人もいます。

一般的な時期としてはおでこが広くなってきたり、つむじ付近の毛が薄くなってきたという症状が出始めた頃が治療の始め時です。

年齢でいうと20代後半から30代がその時期です。

もちろん40代以降でも治療を始める人はいますが、始めるのであれば早いに越した事はありません。

症状がひどくなってから治療を始めればそれだけ治療期間が長くなりお金もかかってしまうので少しでも薄毛の自覚症状があればすぐに治療を始めたほうが良いでしょう。