ミノキシジルの特徴と効果

ミノキシジル治療の効果

ミノキシジルの効果として、毛包に直接作用する性質を活用し、毛母細胞が活発に分裂し、毛包が成長し、結果として髪の毛が太く育つというものがあります。

また、これとは別に、ミノキシジルには血管を拡張する効果があり、血流が増加し、それによって栄養素が運ばれて髪の毛の栄養に使われることとなります。

これらの相乗効果によって、太くしっかりとした髪の毛が育つことになります。

また、休止期が短くなることも言われており、男性型脱毛でありがちな、サイクルの速さもミノキシジルによって改善されることからそれらも結構なメリットとされています。

ミノキシジル治療のデメリット

ミノキシジルのデメリットは、直接肌に触れることにより、様々な肌のトラブルに直結するということです。

実際に肌につけてみると、その部分が熱を持つように熱くなり、血流がかなり増えていることが実感できます。

また、べたつきなども認められ、こうした熱さやべたつきがかゆみ、湿疹につながり、肌トラブルになってしまいます。

ミノキシジルは元々降圧剤として使われており、血圧を下げる薬として用いられてきました。

その過程で多毛症の症状があったために髪の毛を生やす薬として転換されていますが、肌トラブルについては対策が必要です。

費用はどれくらいかかるのか

ミノキシジルを配合した育毛剤を毎月使うのであれば、7000円程度はかかると言われています。

一方、ミノキシジルの治療薬を海外から取り寄せる場合、数千円程度で手に入れることができるため、毎月使っていくのであれば海外からの取り寄せのほうが安上がりであると言えます。

しかし、副作用や品質の差などを考慮すると、危険性が高いのは圧倒的に海外の製品です。

特にタブレットになっているものは副作用が強く出ており、費用面では数千円程度と1年使う場合には数万円の差になるものの、安全性と費用、どちらをとるかにかかってきます。

どこで購入できるのか

ミノキシジルですが、市販されているものでも発毛効果が認められているものがあるため、その場合には薬局で購入することができます。

一方、ミノキシジルそのものを用意したい場合にはAGA専門クリニックや病院で手に入れることとなります。

こうしたところでは安全性が証明されているものを処方してくれるものの、値段が高いため、そのあたりがネックであると言えます。

個人輸入という形で手に入れることもできますが、非常にリスクが高く、あまりおすすめできません。

健康被害が出てしまっては遅いため、AGA治療などを兼ねて購入を検討することをおすすめします。