薄毛対策、AGA治療の種類

一口に薄毛対策と言っても、その種類は様々です。カツラなども対策のひとつといえるでしょう。

ここでは、薄毛を克服するためにどのような対策があるのか解説します。

発毛について

AGA(男性型脱毛症)など薄毛で悩んでいる人は何らかの対策をしなければ、さらに薄毛が進行してしまいます。

対策をすれば人によっては再び髪の毛が元気に生えてくることもありますし、劇的に変化が訪れないとしても、薄毛の進行を止めるくらいはできる可能性があります。

では、どういう対策をすればよいのか、ということで、いくつかの選択肢が出てきます。

それぞれにはメリットとデメリットがあります。

また、人によって何が原因で薄毛になっているのか、またどの程度進行しているのかということで違いがありますから、どれを選べばよいのかというのは、すべてを理解したうえで考えなければいけません。

育毛について

育毛は、現在残っている髪の毛を守り、健康な状態にすることで薄毛の進行を止めるという対策です。

抜け毛はあるけれども、まだ髪の毛が十分にある人に適した方法といえます。

具体的に、何をすればよいのかというと、頭皮の環境を改善することが大切になります。

頭皮が健康な状態に改善することが出来れば、髪の毛にも活力が蘇り、簡単には抜けにくくなるからです。

頭皮の細胞が健康的になるためには、酸素と栄養が必要になります。

それを運ぶのは血液ですから、血行促進に効果があるマッサージや育毛剤を使用することで、少しずつ良くなっていきます。

頭皮の環境が良くなることをはじめにするので、時間はかかりますが結果が出やすいです。

増毛について

薄毛になっている頭で問題なのは、それを他人に見られてしまうことです。

髪の毛がないという状態は老けているように見えますし、恥ずかしいというのが一般的な認識です。

そこで薄い部分を隠せば、少なくとも見た目は何もなかったようにふるまえるわけですが、カツラだと蒸れるし、違和感を感じさせるので見る人が見ればわかってしまいます。

そこで、自分の髪の毛に人工の髪を結びつけることで、髪にボリュームを持たせることが出来るのが増毛です。

これならば見た目の違和感もほとんどありませんし、シャンプーやブラッシングも、普通にできます。

植毛について

自毛植毛と呼ばれる植毛は、まだ髪がある部分から薄い部分に自毛を移植する方法です。

人工の髪と違って、生きているので植毛をすれば、それ以降も自然な状態で生えます。

しかも、定期的にメンテナンスをする必要もないので追加費用も必要ありません。

ただし、採取された部分が今度は髪がなくなるわけですから、そこを上手に隠す必要があります。

また、薄毛が目立たないようにしているだけで、根本的な治療をしているわけではないので、投薬など薄毛の治療は手術後も続けていかなければいけません。

植毛をした部分の髪の毛を健康的に維持するためにも、食事や睡眠などの食生活の改善も必要です。